newworld

newworld

読みものサイトはじめました

h
2021.08.26

未来の世界から「今」の時代をふりかえり、きっと激変の時代だったと語られていくことでしょう。そんな「今」のなかで、ハンドメイドファッションブランド「途中でやめる」の活動で知られる山下陽光は、賢明に花を摘んでいます。
いったいどんな花を摘んでいくのか?
本人の言葉で綴られるセルフドキュメンタリー。
旬なネタを取り上げているため、記事はアーカイブせずに最新の「今」のみをお届けいたします。

 

わさび採りが面白い

こんなストレートな物言いがあるだろうか?
あるんです。
いやー、みなさんわさび採ってますか?そんな田舎じゃないって、まぁまぁ話だけでも聞いてって下さいよ。

なんでわさび採りなのか?
日々のストレスから逃れるごとく海じゃなくて山を目指して、沢を歩いたら見つかったんです。緑のダイヤモンドこと本わさびがっ!!

出会い編
たまたまナイスな自己紹介にもなりそうな一回目ですが、現在国立新美術館で開催中のファッションインジャパン展で何かのチョロ間違いで服を展示してもらっていて、新国立美術館の前は島根県の石見美術館という日本でも珍しいファッションに特化したハナエモリお膝元スポットで開催されてました。そこに行った帰りの道の駅で、その辺で摘んできましたくらいのテンションで小さな本わさびが3つで500円くらいで売られてて、えっ?本わさびってめちゃくちゃ高いんじゃないの?なになに?ひょっとして自生してて採れたりするんかしら?というのが本わさびとの初コンタクトだった。

世の中のおじさんがサウナ、スパイスカレー、キャンプという3大沼にハマって裏原、メロコア、タトゥーなんて無かったことにして溺れまくっていた頃、当然自分もカレーとサウナにはハマりまくってましたが、キャンプだけはよくわからん!と思っていたんです。しかし今住んでる福岡でも自生してるわさびが採れるんじゃないかと検索したらかすかなヒントがあった。

これから書くことは古着の仕入れに似ている。わさびが自生してる場所を秘密にする文化があるみたいだし、なぜ秘密にするのか?というのも書いたら根こそぎ採られておしまいだから、インターネットオープンソースとは相性が良くない秘密の地図っぽさがある。そこが気に入ってる理由なのかもしれない。

自分で見つけた場所は秘密ですが、見つける方法はチョロリと書いておきます。あくまでも自己責任!とは言いたくないけど、九州の1000メートル以下の沢登りしながらわさび採りと南アルプス3000m級の人が遭難してギャンギャン死人が出る沢登りとはレベチレベチレベルが違う話なので、ご安全に!&大雨の翌日は晴れても鉄砲水という岩が爆発寸前に破裂してガケ崩れがあったりするので要注意です。

初めてわさび採りに勘だけをたよりに行ってみたんです。
車で行けるところまで行って山道の入り口を歩くんですが、登山なんてやったことないから車が通らない獣道を歩くだけでも楽しく、時折現れる沢に寄り道してズンズン濡れながら沢を上がって行くと、岩&コケ&シダの風景がなんだかわさびありそうな気がしてくる。
しかし、ココは入っていい所なんだろうか?近所のおっちゃんが飛び出してきて怒られるんじゃないだろうか?という不安。

まだまだ初心者で人の気配がありまくって他者の視線が気になってダイナミックなことが出来ない。初回は採れずでしたがわさび採りに行ったとツイートしたら、この辺りにあるっぽいですよとDMが届いた。
それを頼りに今回は場所を変えて行ってみる。SNS時代の良さを味わいながら。
探し方のヒントというよりも答えですがYAMAPという登山アプリがあってその中でわさびがありそうな近所の山の名前+わさびを検索することで登山中にわさびの画像をupしてる方や、わさびとは関係ないユリワサビが引っかかったり、そうめんにわさび入れて食べましたというのが出たりしますが、そこを目指すと失敗が少ない。

でっ、登山道を外れて外れて、沢登りまくってわさびだ!と毎回思う似たやつがあるんですが違う。毎回騙されるんですが、そろそろ体力の限界と思って誰も居ない、見られてないから素っ裸で浮かんでみたらめちゃくちゃ気持ちいい!なんだこれ!全空間から解放されてるやんけ!どんな場所にいても地面が平らで歩きスマホが出来る=誰かに見られてる可能性がある=文明なんだけど、バリバリの圏外で水と草と岩だらけのー人なんているわけない=めちゃくちゃ解放感がある。これはいいぞと歩いて沢登りまくってたら、コレは!と思う緑のハート型!とかなんとか言いながらまた偽物だろと思ったら見事にわさびなんすよ!

あったあったあったよーーーーと大絶叫。凄い凄い。脳内麻薬がドバドバ出てるのが自分でもわかる。
その後もギャンギャンに採れた。大汗かきながら信じられない程に沢の上流まで上がってて引き返すめんどくせぇ状態。わさびが採れる興奮で脳内麻薬出っ放し興奮が止まらないので自分が遭難してることも気がつかずひたすら登りまくる。持てないくらいのわさびを抱えてたら謎の人工道が出てきた。コレでおそらく死なないだろうと道を下るが、一向にどこにも辿り着かないしケータイ圏外。大丈夫か?と不審がってたらようやく車が通るような所まででて、どうにか辿りついた。

おいっ!今まで生きてて野生の食べられる野菜ってハーブくらいしか採ったことなかったけど、わさびですよわさび!すりおろして今夜は刺身か?

家にたくさん持ち帰ったら妻の友達が遊びに来てくれてて刺身で乾杯。なんコレ最高とか言いながらわさび食べ過ぎて翌日のオナラがわさび臭かった。

単なるマグレで採れたと思ったんだけど、翌々日にまたわさび採り。ギャンギャン採れる。その次の日も行った。めっちゃ採れる。
アレ?プロかなってくらいに採れる。凄い。見つけてしまった次の趣味を。何回行ったでしょうか、乱獲になるので気をつけなきゃと思いながら、近頃は水場から遠いわさびを移植したり、枝分けしてよい水場に植え替えたりしてる。

高円寺で古着屋をやってた頃にバイトしてくれてた、ごっちゃん(現はやとちり店主)は好きになった現象にファッションから入るハードコアな奴で通常はパンクとかモッズとか理解できるスタイルなんだけどごっちゃんは将棋に夢中になって、その後にに会ったら全身将棋柄の服を着てて、陽光さん見てくださいよこの扇子イッセイミヤケのなんすけど、と言いながら将棋のコマがプリントされた扇子をひろげながら、ヤフオクで7000円もしましたよ。と嬉しそうにしてる。

そんな洋服の着こなしに関心をすばやく通り越して尊敬した。俺もメルカリでわさびのTシャツを探すがクソダセェ!みんなわさびの身をプリントしたりしてるけど違うんだよ、それは結果ですよ、それよりも、ココにはもう無いかも知れないと諦めかけた時のグリーンハートと言いますか、ハート型の緑の葉っぱを見つけた時のあの高揚をお願いマリメッコ!デザインしてくれよ。と思うわけですよ。

清流の中にあるハート型の緑の葉っぱをデザインお願いしますと。

誰もやってくんないから自分で作るしかないから作ってんすよ。しかししかしマリメッコがわさび柄のワンピースやらシャツやら出してたらそれはそれで怒り狂う準備もあって、とにかくめでたい情緒不安定な奴だと思って貰えたら嬉しい。

山に行くのにシャカシャカした素材のズボンや上着を着るのも気に入らないよ馬鹿野郎と思ってたんですが、ずぶ濡れになるので仕方ねぇなと行ってきましたワークマン!なんコレなんコレナンナンスカ?

1900円で売ってるズボンが最高すぎて、股の開き具合と通気性を考えて作られた平賀源内&隠れキリシタンコラボみたいなトンチが効きすぎたズボンで顔は新宿身体は車中?馬鹿野郎状態の、見た目はシャカシャカズボンなんですが内側から見たら網戸みたいにスケスケになってんすよ。コレって犯罪じゃないんですか?誰からも?見られて?ないから?合法?

このクエスチョンマークの喋りアクセントは懐かしのいっこく堂の腹話術テンションでお読みください。

最高なんすよ、股割りと言いますか歩幅で生地が引っ張られることも無いし通気性も良すぎるから濡れてもすぐ乾く=そのままダイブ出来る。

こうなってくると、ほかに何が問題かって?あたしだよ!でお馴染みの自分の身体の重さがネックになってくる。次の岩に飛ぶ時に身体が重くて飛べるのか?という不安からひよって手前の岩に飛んで失敗を恐れまくる。
身体を軽くしなきゃいけない。

好きで酒飲んで食べまくって太りまくった。ついでにハゲた。痩せる理由が無かったのと食べる&呑むのが楽しすぎて、痩せることって必要かもだけど、楽しさには勝てない。優先順位の違いか、重症な病気にならないと痩せるのは無理かと思ってたけど、優先順位入れ替わりましたことを今ここに報告する。
ガストロンジャーでーーーーす
そうなんすよ、自分の好きの優先順位って変わらないと思い込んでるんだけど、何かのタイミングでコロッと入れ替わったりする。
今まで死にたくない、絶対に長生きしたいと思ってたのに子どもが生まれたら、あっ俺の命と交換可能っすか?どうぞどうぞ〜とフリーペーパーくらいのテンションで差し出せるし、酒が一位なのは不動なんだけど、サウナにハマって、酒呑んだらサウナに入れないとなるとあっさりと酒が2位に転落する。転落するんだけど、サウナの後の酒がさらに最高というだいどんでんどですかでんですが、価値観がひっくり返されるのは常に最高でいつだってたまらない。
今まではそれが情報や服や音楽とかにやられてたんだけど、こうも情報が無限に無料で摂取できるとありがたみや全身で受け止めようとしなくなるので、スマホに10年夢中になってきたけれど、スマホが一才使えない環境にいると何の役にも立たないことに気がついた。そして自分で一切考えずにスマホに感覚を預けてたんだと気付かされた。

夏の暑い日にいつものようにレトルトカレーと羊羹をコンビニで買ってわさび採り。沢について準備してたらやたらとブンブンとアブが飛び回ってる。知ってか知らずか網戸みたいなスケスケズボンは刺されたら一発アウトってくらいに薄いし地肌見えそうな網戸仕様。アブって刺すのかな?刺されないようにするにはどうすりゃあいいんだと 【アブ 対策】で検索したら圏外!なんと。そうなんすよ。今まではすぐに検索してそれに対応して終わりだから自分自身の蓄積が無くて、検索と常に同棲しながら凄んで生きてきたんだけど、検索出来ない=ビビり散らかすしかなくて、ブンブン一緒に暴れまくって逃げ回るしかない。

恐怖しか無いから違う視点を持てないし気がつくことが出来ない。殺虫剤とかそういう思考しか出てこないんだけど、アブは黒が好きで白とかには近寄らないとか、オニヤンマが肉食で、おにやんま君というリアルなおもちゃキーホルダーを身につけたら寄ってこないとか、とてもじゃないけど辿り着けない回答のようなことに今までは1秒で行けていたと思うと、ピンチから考えて試行錯誤のジタバタは皆無になってしまってんだと気がつかされた。

例えば自作のサウナを家で作ろうとした時に検索を一切しないで作る人はいないと思う。
自作のサウナを作ってその情報を公開してる人は50人くらいいると思う。
アブにビビってジタバタするよりも黒じゃ無くて白い服を着ておにやんま君を身につける方が被害が少ないのはわかるんだけど、そうじゃない答えに辿り着くには、主流を避けたもう一つの別の広場を探る必要があって、だからこそ得られるものがあったり、何もないかもしれない。
でもやるんだよって言葉も気薄になってきてて、じゃあメールやめて手紙にします?ってのも違う。

とにかく私はインターネットに色んな物事を預けてしまったんだなと気がつかされた。

山でわさびを採る時にメスティンという便利な半自動調理器具でご飯が炊けることを知って、レトルトカレーを持って行くようになった。
たったの100円でこんなに楽しすぎることをやって良いのだろうか?
採れたわさびをメルカリで売れば1万円位になりそうだ。
もう仕事やんけと思うけど、売る気にはなれず友達にあげたりしてる。

ある時、いつものわさび採りした後でコーヒー淹れて飲んだんですが、暑すぎるので沢にジャブンと飛び込んで身体を冷やした。
ここで何かが反転した。
そうだったのか、今までは美味いものを食べる時に食べ物、料理、店を調べて、ミシュランだの、食べログ高評価だの、オススメだの、とにかく対象となるものがどれだけ優れていて安価であるかということしか考えて無かったけれど、そうじゃ無くて、何においても自分次第なんだと。
コーヒーが熱かったら自分の体温を下げればいい。塩がきつかったら、塩分もっと欲しくなるくらい大汗かけばいい。自分自身が対象にどの様に向き合うかが大事なのに、やたらと情報ばっかり摂取してお腹いっぱいの状態で飯を食べても何が美味いかなんてわかるわけない。

袋ラーメンを持ち込んで固形燃料でメスティン調理したら沢の水は冷たいし火力は弱いしでぬるくて伸びまくったラーメンが完成した。家で自作してたらどんぶりひっくり返すレベルにのびてるんだけど、うめぇうめぇ、今まで食べたラーメンで1番美味かったんですよ。ってことは、やっぱり自分がどの様に向き合ってるかなんだなと。

冷えた身体で飲んだコーヒーで温まったおかげで下痢して野糞したんですが、そこでもやはり、誰からも見られていない開放感があった。モラルやマナーって人が居る前提で、今まで自分が生きてきて思ってた感情のほとんどが誰かに対して!というのが大大前提なんだと。それが一切関係ない場所にポツンと置かれたら素っ裸でウンコしてもいいし、何をやってもいい。生きていればいい。という超原始にたどり着く。しかも野糞したらハエがブンブンハローとやってくる。普段はハエあっち行けと思うんだけど、俺のウンコをエサとして食べてくれて、証拠隠滅してくれるナイスな存在に見えてきて、ここでも大前提がひっくり返ってしまう。昔からお腹が弱くて何度もウンコ漏らしてきたんですが、何故ウンコを漏らすのかと考えたら自分がウンコしたい時にトイレが無いからで、我慢が出来ない自分が悪いと思ってたたんだけど、誰も居ない場所ならいつでもウンコが出来るし、ハエがウンコを食べてくれる。

正直に言って山で野糞する事を書こうかどうかめちゃくちゃ迷いまくった。叩かれるんじゃないか?と考えて、すぐに検索てここにたどり着いた。ウンコの伝道師こと糞土師(ふんどし)の伊沢正名さんが書いたウンコロジー入門 を読んだら後押しされるなんてもんじゃない。野糞歴46年の著者のノグソ話に自分の開放感を肯定してもらえた嬉しさがあったんだけど、山奥の清流ではあまり分解されないからノグソしないようにしてると書かれててトホホな気分ですが、新たにノグソしたい気持ちが湧き出ててきてるので、いつかノグソで花を咲かせます。

正しいことしか許さないカルチャーがキモすぎてキモすぎて実はもっともっととんでもない事をやらかしてるんですが、書いたらボーボーに燃えそうなので、この連載が何かの間違いで書籍になる時はバチコン追記してそこまで書きますので楽しみにお待ちください。

山下陽光

やましたひかる
1977年生まれ。途中でやめるという手作りのクオリティ低め、値段低めのファッションデザイナー。
下道基行、影山裕樹と新しい骨董というユニットも。
コロナ禍で見つけた新しい趣味 わさび採りに夢中。
著者にバイトやめる学校(2017)タバブックス