newworld

newworld

読みものサイトはじめました

h
2021.09.20

何気ない日常のなかにある、偶然の交なりから生じる奇跡的な“瞬間”を捕らえる気鋭の写真家・オカダキサラ。彼女の捕らえる“瞬間”からは様々な物語が立ち上がってくる。
そんなオカダの作品を、毎週月曜日に1枚の写真とバイリンガルのテキストでお届けする連載シリーズ。

2021年9月20日号

この写真を撮影したのは、夏が去りきらない9月です。暑さと湿気で重苦しい空気の中を、スーツ姿の女性たちが颯爽と横切って行きました。車のライトで橙色に照らされた彼女たちの足が、藍色に染まる街で浮いて見えます。美しいコントラストに惹かれました。あまりにきれいなので、この足の中にこっそり男性のものも混じっていることに、現像するまで気づきませんでした。

  I took this photo in September when summer still stayed here. Women in business suits were crossing the street in the heavy air with heat and humidity. Their legs were lit orange by the car lights and it looks as if they floated in the city dyed in indigo.
  I was drawn to the beautiful contrast. It was so natural that I did not realize that a man’s legs were secretly mixed up with them until I developed this photo.

2021年9月13日号

よそ行きの格好をした男の子が、堂々とスカートの中を覗いていました。この写真を見た男性のほとんどは「わかる」と頷きます。男の子は、そこにどんな景色を見たのでしょうか。ある男性はこう言いました。「小さい頃、幼稚園の先生にこの男の子と同じことをした。だけど真っ暗で、なにも見えなかったよ」と。スカートの中は、まるで宇宙のようです。

A boy dressed up was unashamedly looking into a lady’s skirt. Most men who saw this picture nodded and said, “I understand”. What did he see there? A man said, “When I was little, I did the same thing to my kindergarten teacher. But it was dark and I could not see anything”. Inside of a skirt is like a universe.

2021年9月6日号

彼らは一体何をしているのか、とよく尋ねられます。私にも真実は分からないのですが、おそらく海外からの旅行客で、到着駅を間違えないよう、注意深く駅名を確認していたのだと思います。当時は2008年。スマホはまだ普及しておらず、窓の外を流れる景色を楽しむことは、移動の退屈を紛らわす方法の一つでした。
この写真は、私がスナップ写真を始めるきっかけになった1枚です。

  People often ask me what they are doing. I do not know the truth, but I think they were tourists from overseas, carefully checking the station name to make sure not to mistake where to get off. It was 2008 when smartphones were not yet in widespread use so enjoying the scenery outside the window was one of the ways to take their mind off the boredom of traveling.
  This photo inspired me to start taking snapshots.

オカダキサラ

写真家
1988年 東京生まれ
2012年 武蔵野美術大学映像学科 卒業
2014年 東京綜合写真専門学校研究科 卒業

◯入賞歴
2011年 第4回1_WALLファイナリスト
2015年 Juna21入選
2016年 コニカフォトプレミオ入選