newworld

newworld

新しい日の誕生

h
2022.01.24

何気ない日常のなかにある、偶然の交なりから生じる奇跡的な“瞬間”を捕らえる気鋭の写真家・オカダキサラ。彼女の捕らえる“瞬間”からは様々な物語が立ち上がってくる。
そんなオカダの作品を、毎週月曜日に1枚の写真とバイリンガルのテキストでお届けする連載シリーズ。

2022年1月24日号

駅員さんが、列をなしてエスカレーターを上っていっていました。
撮影日は2015年3月末。彼らはきっと新人研修中で、駅構内を確認して回っているところだったのでしょう。
あれから6度の春を迎えた現在も、私は変わらず同じ駅を利用していますが、こんな景色を見かけたのはこのときだけでした。
次の春にはまた出会えるかもしれないと、このエレベーターを見るたびにそっと期待しています。

The station staff was going up on the escalator in a queue. The photo was taken in late March of 2015. They were probably in the middle of their new employee training and were just checking around the station. Now, the sixth spring has passed. Though I still use the same station, I have never seen such a scene since then. Every time I see this escalator, I slightly hope that we will meet them again next spring.

2022年1月17日号

シーソーは、残酷な遊具です。
どちらが重いのか、一瞬でわかってしまいます。
ところが、シーソーはなぜか人気です。
幼い頃、友達に手を引っ張られ、「乗ろうよ」とよく誘われました。
こちらこそ「呪うよ!」と、脅したい気持ちでいっぱいになりました。
追い詰められた私は、シーソーの真ん中に立ち、バランスを保つというゲームを提案しました。
ここでも友達は無慈悲でした。私を振り落とそうと、シーソーをバウンドさせまくったのですから。

The seesaw is cruel play equipment. You can tell which one is heavier than the other in an instant. Yet, for some reason, seesaws are very popular. When I was little, my friends used to pull me by the hand and ask me to play it with them. “Please don’t make me ride on it”, I prayed. After I was cornered, I suggested a game whose rule was we stood in the middle of a seesaw and had to keep our balance. Again, my friends were ruthless. They bounced the seesaw over and over in an attempt to shake me off.

2022年1月10日号

「まわりのことなんか気にするな」というキャッチコピーをよく見かけます。
大都市での「周囲」というのは、自分が関わるごくごく小さな範囲のことだと、つくづく思います。
これだけ多くの人が行き交う中で、すれ違う人の振る舞い一つ一つを気に留めるなんてことは、不可能です。
極力無関心でいることは、都会を生きていくのに必要な能力といえます。
ただ同時に、本当に困って助けを求めたときは、まわりに人が多い分だけ誰かしらが手を差し伸べてくれます。

I often see the catchphrase “Don’t care about what others think of you”. In a big city, the area they care about is very small and we’re not involved in it sofrequently. With so many people coming and going, it’s impossible to pay attention to the behavior of every single person you pass by. To be indifferent could be a necessary skill to live in the city.
However, at the same time, if you are really in trouble and need some help, the more people there are around, the more likely it is that someone will reach out to you.

2021年12月27日号

終電間近のこの時間は、普段なら雑踏に紛れて気づくことがない人の動きが、よく見えてきます。
いつも通りに帰宅している人。慌てているときに限ってアクシデントが重なっている人。旅行帰りらしき人。誰かを待っている人。終電を逃すか逃さないかの瀬戸際なのに、なにか起こるとついカメラを構えて立ち止まってしまう人……、それは私です。

As the time of the last train is approaching at the end of the day, you can see a lot of people’s behaviors that you normally wouldn’t notice because of the hustle and bustle. A person who is returning home as usual, who has an accident right when s/he is in a hurry, who seems to be returning from a trip and who is waiting for someone. A person who stops to hold a camera whenever something happens, even though she is on the verge of missing the last train…is me.

2021年12月20日号

ここはある路線の終点であり、始発駅です。
ゴールデン・ウィーク真っ只中の朝。いつもは通勤・通学で混雑しているであろう駅で、佇んでいるのはスーツ姿の男性だけでした。
今日は満員電車で席取りゲームをする必要はありません。ベンチも空いているのに、彼らはそこが定位置であるかのように並び、まだしばらくこない電車を待っていました。

This is the terminal station of a certain line. It was a morning in the middle of Golden Week. On the platform, which is usually crowded with commuters, there were only several men in suits. Today they don’t have to play a game of seat-finding on a crowded train. Even though the benches were empty, they lined up as if it was their fixed position, waiting for a train that would not come for some time yet.

2021年12月13日号

どうやら剣道のお辞儀の型を指導されているようです。
先生が手本を示し、それに倣う生徒。礼が重んじられる剣道らしい練習風景です。
ただ……ずっと繰り返しているのを眺めていると、謝りあって収拾のつかない、サムライ同士に見えてきます。

It seems they are having a lesson in the bowing form of kendo, Japanese fencing. The teacher shows an example and the student follows it. This is a typical kendo practice where courtesy is respected. However…if you watched them bowing repeatedly for a while, you would feel like two samurais apologize to each other endlessly.

2021年12月6日号

ホームドアがないホームの安全を守るのは、警備員です。彼らの目の前には、電車を待つ乗客が壁のように並んでいます。
しかし戦いが始まるのは、むしろ乗客が電車に乗り込んだ後です。警備員は電車を無事に発車させようと、ドアからはみ出た荷物を、必死に押し込みます。

Security guards are responsible for the safety of passengers without platform edge doors. In the rush hour, they are standing in front of a wall of people waiting for the train. However, the battle begins rather after the passengers have got on the train. The guards scramble to push the luggage into the doors in a desperate attempt to get the train to depart safely.

2021年11月22日号

柱をまんなかに、二組の男女がいます。
二組はまったくの他人なので、ここに居合わせたのもたまたまです。
柱の裏側で何が起こっているかなど、もちろん関心はないでしょう。存在すら気づいていないかも知れません。
しかしこうやって遠くから眺めると、なんだか芝居のワンシーンを見ているように思えるから不思議です。

There are two pairs of men and women across the pillar. The two couples are completely strangers, so it was just a coincidence that they were here. Of course, they don’t care about what’s going on behind the pillars. They might not even be aware of each other. However, when you look at it from a distance, it’s as if you’re watching a scene from a play.

2021年11月15日号

公衆の前でのメイクについては賛否両論ありますが、私は感心してしまうことのほうが多いです。
限られたスペースと時間のなかでメイクを仕上げていく早業は、手品を見ているようでワクワクします。
メイク時に発揮される、彼女たちの集中力 ははかり知れません。
揺れ動く電車の中でアイラインを引く姿など、固唾を呑んで見守ってしまいます。

There are pros and cons of putting on make-up in public, but I would rather be impressed. With limited space and time, the way ladies complete their make-up so quickly is like a magic show. Their concentration during make-up is incredible. I hold my breath while watching them drawing their eye lines in a moving train.

2021年11月8日号

鉄橋の下で男の子たちがゲームをしています。
なぜこんなところで、と考えました。
7人の男の子がひとつの部屋にいたら、かなり窮屈そうです。
彼らが黙々とゲームをしている様子を見かねたご家族の方は、きっとこう言うでしょう。
「外で遊びなさい!」
誰からも丸見えなこのスポットは、彼らがようやくたどり着いた、秘密基地なのかも知れません。

A group of boys is playing a game under a railway bridge. I wondered why they were here. With seven boys in one room, it would be quite cramped. If their family saw them playing the game silently, they couldn’t stand it and would say, “Go and play outside.” This spot, though it’s in full view of everyone, might be their secret base where they have finally arrived.

2021年11月1日号

真ん中に巨大な梨がある!
最初そう思いました。
闇夜にツヤツヤ光るまぁるい実は、並んでいる他の梨に比べて一番おいしそうです。
こんなに大きい品種もあるんだなぁ、と目を凝らしてあっと驚きました。
それはうつむいている店主の頭部だったのです。
さっきまでのワクワクした気持ちが、一瞬にして萎えてしまいました。

“There’s a giant pear in the middle!” I thought so at first. The glossy pear in the dark looked the most delicious compared to the other ones in the row. “I have never seen such a big species…” I gazed at it and was surprised. It was the head of the shop owner who was looking down. The excitement that I had felt earlier faded away in an instant.

2021年10月25日号

この男の子は何をしているのでしょうか?
ここはとある街の古着屋さんで、彼はお母さんに連れてこられました。
お母さんが商品棚を物色している最中、男の子は退屈です。
お母さんの気を引こうと、アレヤコレヤのやんちゃをしでかします。
しかしお母さんはそんなことでは動じません。子供のほうが先に根をあげてしまいました。
これは構ってもらえないことに疲れてしまった、男の子の最終形態です。

What is this boy doing? He is in a second-hand clothes shop in a city and his mother has brought him here. While his mother is browsing the shelves, the boy is bored. In an attempt to attract his mother’s attention, he was doing all sorts of naughty things. But she is not fazed by this at all. He eventually gave up first. This is the final form of the boy who is tired of not being cared for.

2021年10月18日号

ここは新宿駅に直結しているショッピングセンターの入り口です。
エスカレーターに挟まれて階段がありますが、この階段を利用する客を、私は見たことがありません。
ここを使うのは、いつも掃除のスタッフです。エスカレーターに並ぶ人たちの真ん中で、彼は階段を一段一段丁寧にきれいにしていきます。
階段を使うこととエスカレーターを利用すること、どちらだったら彼の仕事が報われることになるのでしょうか。

This is the entrance to the shopping center, which is directly connected to Shinjuku station. There is a staircase between the escalators, but I have never seen any visitors using it. The stairs are always used by the cleaning staff. In the middle of the two queues of people riding the escalators, the staff is carefully cleaning the stairs, step by step.
Which should we use, the stairs or the escalators to reward for his work?

2021年10月11日号

昼下がりの冬のホーム。私が日光の温かさに和んでいると、一人の女性がやって来ました。
彼女はバッグをベンチに置くと、バレェのようなポーズを取りました。
すっと伸びた背筋と、絶妙な角度で広げられた両腕。まるで踊りだしそうな緊張感が漂います。
電車がくるまで、私は彼女の次のパフォーマンスを待ち続けましたが、結局彼女はそのまま動きませんでした。

A winter station platform in the late afternoon. While I was enjoying the warmth of the sun, a woman came up to me. She put her bag on the bench and struck a ballet-like pose. She straightened her back and extended her arms at an exquisite angle. It looks as if she was about to start dancing in a tense atmosphere. I waited for her next performance until the train arrived, but she didn’t move.

2021年10月4日号

男女の足とサンダルです。
男性用のものと思われるビーチサンダルを片方ずつ履いています。2人の中央には女性のものらしきサンダルが片方だけ置かれています。
あれ? サンダルの片方は、どこに行ってしまったのでしょうか?
実は私も仔細を覚えていないのです。
写っていないだけで、手に持っていたかもしれません。
でも、持っていない方がいいなぁと思っています。
ナゾが深まりますから。

There are legs and sandals of a man and a woman. They were sharing a pair of flip-flops which appear to be men’s ones. There is another sandal between them that was presumed to belong to a woman.
What? Where did the other sandal go? Actually, I don’t remember the details either. Perhaps it’s just not in the picture and might have been held in their hand. But I hope they didn’t have it since that deepens the mystery.

2021年9月27日号

猛烈に吹きすさぶ春一番。風から身を庇いながら歩く人々の中、髪を舞い上がらせるままにしている女子高生がいました。彼女が見つめるのはなかなか変わらない赤信号。その静かな佇まいに反して、激しくうねる髪の毛が、彼女からほとばしるエネルギーにも思えました。信号が青に変わると、彼女は嵐の中を分け入るようにして横断歩道を渡っていきました。

Haru-Ichiban, the first spring storm, is blowing furiously. A high school girl leaves her hair dancing in the air while she stands still to protect herself from the wind. She is staring at a red light that has not changed for a while. In spite of her motionlessness, her hair moving violently looks as if she is giving out energy from her head. When the light turned green, she walked across the street, cutting her way through the storm.

2021年9月20日号

この写真を撮影したのは、夏が去りきらない9月です。暑さと湿気で重苦しい空気の中を、スーツ姿の女性たちが颯爽と横切って行きました。車のライトで橙色に照らされた彼女たちの足が、藍色に染まる街で浮いて見えます。美しいコントラストに惹かれました。あまりにきれいなので、この足の中にこっそり男性のものも混じっていることに、現像するまで気づきませんでした。

I took this photo in September when summer still stayed here. Women in business suits were crossing the street in the heavy air with heat and humidity. Their legs were lit orange by the car lights and it looks as if they floated in the city dyed in indigo.
I was drawn to the beautiful contrast. It was so natural that I did not realize that a man’s legs were secretly mixed up with them until I developed this photo.

2021年9月13日号

よそ行きの格好をした男の子が、堂々とスカートの中を覗いていました。この写真を見た男性のほとんどは「わかる」と頷きます。男の子は、そこにどんな景色を見たのでしょうか。ある男性はこう言いました。「小さい頃、幼稚園の先生にこの男の子と同じことをした。だけど真っ暗で、なにも見えなかったよ」と。スカートの中は、まるで宇宙のようです。

A boy dressed up was unashamedly looking into a lady’s skirt. Most men who saw this picture nodded and said, “I understand”. What did he see there? A man said, “When I was little, I did the same thing to my kindergarten teacher. But it was dark and I could not see anything”. Inside of a skirt is like a universe.

2021年9月6日号

彼らは一体何をしているのか、とよく尋ねられます。私にも真実は分からないのですが、おそらく海外からの旅行客で、到着駅を間違えないよう、注意深く駅名を確認していたのだと思います。当時は2008年。スマホはまだ普及しておらず、窓の外を流れる景色を楽しむことは、移動の退屈を紛らわす方法の一つでした。
この写真は、私がスナップ写真を始めるきっかけになった1枚です。

People often ask me what they are doing. I do not know the truth, but I think they were tourists from overseas, carefully checking the station name to make sure not to mistake where to get off. It was 2008 when smartphones were not yet in widespread use so enjoying the scenery outside the window was one of the ways to take their mind off the boredom of traveling.
This photo inspired me to start taking snapshots.

オカダキサラ

写真家
1988年 東京生まれ
2012年 武蔵野美術大学映像学科 卒業
2014年 東京綜合写真専門学校研究科 卒業

◯入賞歴
2011年 第4回1_WALLファイナリスト
2015年 Juna21入選
2016年 コニカフォトプレミオ入選