2021年8月26日、ケンエレファントの新たな挑戦がスタートします。

NeWORLD

連載を担当するのは、批評家/DJの荏開津広、ハンドメイドショップ『途中でやめる』の山下陽光、ミュージシャンの豊田道倫、アダルトメディア研究家・安田理央、写真家・大森克己など豪華執筆陣。エッセイや評論、小説、インタビュー、商品解説など、バラエティ豊かなコンテンツをお届けします。

「ニューワールド」が目指すのは、新たな文化の“実験場”。中心から周縁まで、世界のあらゆる事象・歴史・文化を、エッセイ、小説、インタビュー、論考など、ジャンルもスタイルもゴッタ煮にしてお届けします。 ■『全裸監督』の女優や、「頭上建築」を手がけるアーティストなど豪華執筆陣

連載を担当するのは、音楽、文学、芸術、映像、写真、文化史、ファッションなど、各分野をリードするバラエティ豊かな執筆陣です。
 
批評家/DJの荏開津広(えがいつ・ひろし)は、ともに日本のヒップホップ黎明期をささえたラッパー・ECDが残した様々な言葉を通して、日本のヒップホップ史を紐解く。「頭上建築」と呼ぶヘッドドレスで知られる非建築家/アーティストのヴィヴィアン佐藤が、異郷の街としての“新宿”をめぐる街歩きも必読です。
 
また、日本の“ファンシー絵みやげ”の系譜を紹介する山下メロや、今年で誕生40周年を迎えるアダルトビデオの歴史を総ざらいする安田理央「ニッポンAV40年史」、さらに『全裸監督』シリーズでの体当たり演技の評価も高い、女優・冨手麻妙と写真家・野村恵子が“表現とハダカ”について語る「これからの裸について話そうよ」ほか、一癖も二癖もあるラインナップを通して、あらたな知識とワクワク感をお届けしてまいります。
■「ニューワールド」主な連載執筆者(五十音順)

・今井夕華「今井夕華のバックヤード探訪」◆施設紹介
・ヴィヴィアン佐藤「異郷徒の行進~SHINJUKU~」◆都市論
・荏開津広「ラップごっこはこれでおしまい ECDと日本ヒップホップ史」◆音楽
・大森克己「あのひとに会いたい(仮)」◆写真・エッセイ
・オカダキサラ「週間オカダ」◆写真
・竹﨑一真「肉体構築(ボディビルディング)の文化史」◆文化史
・冨手麻妙×野村恵子「これからの裸について話そうよ」◆アート
・豊田道倫「小説」◆文学
・山下メロ「山下メロのファンシー絵みやげ天国」◆文化史
・安田理央「ニッポンAV40年史」◆映像
・山下陽光「その日の花を摘め」◆ライフスタイル

ほか


NeWORLDへはこちらから
TAG