JR東京駅構内・グランスタ東京内にて営業中の美術雑貨店「VINYL」(ビニール)では、9月1日(火)より、アーティストの作品を展示・販売する「VINYL GALLERY」にて、新たな展示をおこないます。
9月1日からの展示は、アーティスト10名が参加するグループ展「東京 / TOKYO」。

東京オリンピック2020の開催にあわせて、スタートする予定だった同展では、各アーティストがイメージする“東京”が描れた作品を、22時までお楽しみいただけます。(※)

また、参加する10名のARTISTは、VINYLで描き下ろし作品を起用したアート雑貨を販売中です。

※日・連休最終日の祝日のみ、閉店時間が21時までとなります。

会期 : 2020.9.1(Tue)~9.30(Wed) ※会期中無休
時間 : 月~土 am8:00~pm10:00
※日・連休最終日の祝日 am8:00~pm9:00
展示場所 : JR東京駅構内 1F グランスタ東京内 VINYL「VINYL GALLERY」

【VINYL・展示に関するお問合せ先】
info@vinyl-store.jp
VINYL GALLERY Vol.2
「group show 東京 / TOKYO」
<参加アーティスト>
▲ANZ アンズ
2006年よりユニットAtelieR odecoでハンドメイドのぬいぐるみなどを制作・販売。現在はへんてこなキャラクターデザインを中心にイラストレーター、グラフィックデザイナーとして活動中。

https://www.instagram.com/anzz_zzz/

【作品タイトル】
とうきょう の けもの
【作品解説】
とうきょう の けものは きょうも せなかに みんなを のせて
@ANZ


▲オザキエミ Emi Ozaki
イラストレーター / デザイナー。ポップでストレンジなキャラクターたちが織りなす、ユーモアのある世界観を描く。現在、幅広く数多くの媒体やジャンルで東京を中心に活動中。

http://emiozaki.com/

【タイトル】
BABY I LOVE YOU
【作品解説】
愛こそすべてか。
@EMI OZAKI

▲風間みさき Kazama Misaki (MOSUKI)
新潟県出身のデザイナー3人組のひとり。2019年より活動を開始。それぞれの得意分野や作風を活かし、グッズ、グラフィックデザイン、イラストレーションを制作。

https://www.instagram.com/mosukigoods/

【タイトル】
TOKYO GUYS
【作品解説】
「人」や「建物」のイメージが強い東京ですが、意外と「生き物」も多い事に気がつきました。
人が多いからこそ現れた生き物、可愛いけれど害とされる生き物たち。
都内で害虫や害獣とされている生き物をPOPに描きました。

▲Kamerian. カメリアン
グラフィックアーティストとして国内外で活動中。タトゥーアートやアニメ、漫画から影響を受け、強烈な輪郭線と色彩でメルヘンチックかつ倒錯的な世界観を作り上げる。テーマは「幼稚で暴力的」。

https://kamerian.tumblr.com/

【タイトル】
TOKYO
【作品解説】
膨大な人の波、密集し乱立する建物。
ありとあらゆる欲望が渦巻き、全てを飲み込みながら肥大し蠢く巨大な生き物のような街。
それが私のイメージする『東京』である。
しかし、今回のコロナ禍によりその姿は変貌を遂げた。
いつか東京が、元の姿を取り戻し再び輝くことを願いつつ。
@Kamerian.

▲さくらいはじめ Hajime Sakurai
イラストレーター / グラフィックデザイナーとして、広告・ポスター・雑誌・レコードジャケットなどのアートワークを手がける。”POP ART SOUL”と掲げた主題のもと古くて新しい創作に取り組む。

http://sakuraihajime.com/

【タイトル】
THE NIGHT IS STILL YOUNG
【作品解説】
僕にとっての色褪せない東京風景は90年代前半の渋谷の活気。田舎モンの僕には実際にその気分を生で体感できなかったけど勝手な妄想だけはエヴァーグリーンな輝きを保っていて、今なお東京は夜の7時なんです。
@SAKURI HAJIME

▲須藤はる奈 Haruna Sudo
ガーリーで強い世界観を、主にモノクロームの筆致で表し、日々をご機嫌に生きる女の子達を描いています。

https://sxdxox.myportfolio.com/all

【タイトル】
どこへも帰らない
【作品解説】
東京のニュータウンが好きです。
好きなものでいっぱいの部屋や、その少し遠い延長線上にある街。
ありあまる程多くの選択肢をたいらげて、どちらでも籠城して遊んでいるような気持ちで描きました。
@HARUNA SUDO

▲牧田なみな Namina Makita
美術大学在学中より柔らかなフォルムと、どこかレトロ感漂うキャラクター達のイラスト、漫画を描いている。フリーランスのイラストレーターとしても活動中。

https://www.instagram.com/namina_makita/

【タイトル】
東京頂上決戦
【作品解説】
東京と言えば東京タワー? スカイツリー? 東京のシンボルの座をかけて今、東京頂上決戦が始まる!
@MAKITA NAMINA

▲モニョチタポミチ MONYOCHITA POMICHI
お絵描きのプロフェッショナル。クールで気まま、ちょっとだけゴキゲンな女の子の絵を描く。数々の企業イラストを手がけ、その他、展示やイベントなどで精力的に活動中。

https://monyochita.wixsite.com/website

【タイトル】
コンクリートジャングル探検隊
【作品解説】
上京してまだまもないわたしがビル街を歩いているときのようすです。
@MONYOCHITA POMICHI

▲吉岡里奈 Rina Yoshioka
川崎南部という土地柄で生まれ育った所為か、いかがわしい昭和の風俗や文化に惹かれ描く。書籍の装丁やCDジャケットで昭和ムードのイラストを手がけている。

https://rina-yoshioka.jimdofree.com/

【タイトル】
恋する東京
【作品解説】
東京は最先端のアートや映画、音楽、喫茶店、文化があってウキウキするところ。
そんな東京でデートの予定を立ててワクワクしてる女の子を描きました。
@RINA YOSHIOKA

Rob Kidney ロブ・キドニー
英国出身。 音楽やアパレル、雑誌などで活躍するアーティスト / イラストレーター。鮮やかな色と力強い手描きのラインでインパクトのあるイラストが特徴的。東京・田端のギャラリー「WISH LESS」のオーナーでもある。

https://robkidney.com/

#1
【タイトル】
TUMMY ACHE TOWN
【作品解説】
作家自身が食あたりにかかった事から生まれた作品。描いてみたら東京のイメージにぴったり当てはまりました。
#2

【タイトル】
SHOCK BEAR
【作品解説】
80年代の東京でハイエナジー音楽を聴きながらエネルギーを感じてビリビリしているテディベアを描きました。
@Rob Kidney


TAG #店舗  #VINYL  #ビニール